例のものが届いたら・・・

裁判員法は候補者の個人情報を公にすることを禁じており、匿名のブログなら大きな問題はないが、個人が特定できるものは罰則はないものの、同法違反と見なされることになる。・・・・・・とのこと。

今は非常にめずらしいものであるため、届いたらきっと周りに言いたくなっちゃう気持ち実感しちゃうんだなぁ~。ああ言いたい・・・でもいえない。私あてだったらもっと言いたい。記念写真もパチリッ。

疑問なんだけれど、郵便配達員には守秘義務あるんだろうけれどわかっちゃんだよね・・・。

まあ、ただ単に名簿に記入しただけで、裁判員を引受けるってのはまた別問題であるし。

70歳以上は無条件に拒否できるしね。

まして介護を必要として生活している人間も拒否できるんだって・・・。

でも老人世帯に届くとそのまま放置ってこともありうるよね。

パンフ見たらなかなか分かりやすかったですよ。

とにかく、これもなんか税金の無駄遣いって感じてしまうなぁ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)