« お供え団子 | トップページ | 溢琉性(いつりゅうせい)尿失禁 »

糖尿病

ジジは2型糖尿病である。

体内のインスリンをつくる能力は保たれているが、インスリン作用の相対的な不足により起こる。食事や運動などの生活習慣が関係して起こることが多い。

体内の血糖値が上がり、全身にさまざまな症状が起こる。口の渇き、多飲、多尿など。(高齢者ではこれらの症状がはっきりと出ないことが多い。)

合併症として、神経症、網膜症、腎症。下肢の壊疽や動脈硬化による慢性動脈硬化症、虚血性心疾患、虚血性腸炎。

治療としては、

食事療法・・・摂取エネルギーの制限、三大栄養素をバランスよく確保、植物繊維の摂取。

運動療法

薬物療法・・・血糖降下薬、インスリン投与

・1型ではインスリン投与が必須。2型では、食事療法、運動療法でコントロールできない場合に行う。

・低血糖症状(冷や汗、動悸、手のふるえなどの自律神経症状、高齢者では症状が非特異的で神経疾患とまちがわれることもある。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

|

« お供え団子 | トップページ | 溢琉性(いつりゅうせい)尿失禁 »

介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179003/55469993

この記事へのトラックバック一覧です: 糖尿病:

« お供え団子 | トップページ | 溢琉性(いつりゅうせい)尿失禁 »